So-net無料ブログ作成

ロシア出身の有名人・ピョートル・オレゴヴィッチ・アーヴェン [ロシア人]

ピョートル・オレゴヴィッチ・アーヴェンは、ロシアの政治家、企業家。ロシアの新興財閥(オリガルヒ)の一つ「アルファ・グループ」の最高幹部。
1955年3月16日セフレモスクワに生まれる。1977年モスクワ大学を卒業する。1981年同大学大学院修了。1981年ソ連科学アカデミーシステム研究所勤務。その後、ソ連外務省人妻顧問。ソ連崩壊後、1992年1月ロシア連邦政府の対外経済関係相に任命される。1992年7月通貨経済委員会副議長。1993年金融会社を設立する。1993年の下院国家会議選挙に、ロシアの選択から比例区で立候補し当選する。1994年に議員辞職し、実業界に専念。1994年アルファ銀行(アリファ銀行)頭取に就任し、ミハイル・フリードマンのアルファ・グループの最高幹部となる。ロシア金融危機では、アルファ銀行は、打撃を最小限に食い止めることに成功し、金融危機後にさらに台頭した。また、ウラジーミル・プーチンがサンクトペテルブルク市に勤務していた際に、仕事を通じて協力関係にあった経緯もあって、プーチン政権成立後は、アルファ・グループは、新興財閥が抑制される中で逆に勢力を増大している。第二期プーチン政権の首相に就任した、ミハイル・フラトコフとも関係が深く、フラトコフを首相に推薦したとも言われる。アーヴェンは、アルファ・グループがロシアン・マフィア「ソンツェヴォ・グループ」との癒着が取りざたされた際、これを否定している。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。